新着情報

花季からの最新情報

ニジゲンノモリに「手塚治虫書店」がオープン!

2017年夏にオープンし、好評を博しているアニメパーク「ニジゲンノモリ」。 その人気アトラクションのひとつ、手塚治虫氏の「火の鳥」の世界感を題材にした「ナイトウォーク火の鳥」入口近くに、手塚治虫グッズを多数取り揃えた「手塚治虫書店」がオープンしました。  「ナイトウォーク火の鳥」関連グッズや鉄腕アトム・ブラックジャックのキャラクターグッズ、京都の名匠「一澤信三郎帆布」とのコラボで実現した限定かばん... 続きを見る

この記事の続きを読む

【夏季限定】小学生以下は無料!うずしおクルーズ+うずのふしぎサイエンスショー

今年も、夏休み限定で小学生以下のお子様のうずしおクルーズ乗船が無料になります。 鳴門の渦潮は、淡路島と鳴門市を挟む鳴門海峡で、潮の干満差により激しい潮流が発生することでできる自然現象。大潮の日には大きいもので30メートルにもおよぶ世界最大規模の渦を、クルーズ船に乗って間近に感じられるのが“うずしおクルーズ”です。  さらに今回は、米村でんじろう博士監修のサイエンスショーがセットで楽しめる、無料の特... 続きを見る

この記事の続きを読む

淡路ファームパーク イングランドの丘「ひまわり大作戦!2018」

淡路ファームパーク イングランドの丘で「ひまわり大作戦!2018」が開催されます。 7月中旬から8月下旬頃まで、時期をずらして種まきをした園内のひまわりが咲き誇り、フォトジェニックな風景が楽しめます。なかでも8月中旬に見頃を迎える5万本のひまわり畑は、圧巻の見応えです。 期間中は、プロカメラマンの撮影によるオリジナルうちわ作りや風船飛ばし、スタンプラリーやインスタフォトコンテストなど、ひまわりにま... 続きを見る

この記事の続きを読む

夜空を彩る5,000発の大輪の花「第71回淡路島まつり花火大会」

今年も「淡路島まつり」の季節がやって参りました。 淡路島を代表するお祭り「淡路島まつり」は今年で71回目の開催となります。1日目と2日目は洲本市街地でおどり大会が開催され、地元の踊り連に加え本場徳島から阿波踊りの連も参加し、素晴らしい踊りが披露されます。 最終日となる8月5日(日)の花火大会では、5,000発もの花火が真夏の夜空を鮮やかに彩り、3日間続く祭りのフィナーレを飾ります。  >>>淡路島... 続きを見る

この記事の続きを読む

わくわく昆虫フェスタが開催されます!

淡路島国営明石海峡公園で「わくわく昆虫フェスタ」が開催されます。 約40種類の世界のカブトムシ・クワガタムシの展示のほか、世界最大種の「ヘラクレスオオカブト」との記念撮影、ひまわりのつみとり体験などイベントが盛りだくさん。 ほかにも「夏休み宿題おたすけ教室」として、自然素材をつかった工作教室や水ロケットを飛ばす体験など、夏のお子様連れのお出掛けにぴったりのフェスタです。  7/22(日)には恒例の... 続きを見る

この記事の続きを読む

淡路島の海開き!〜海水浴場のご案内〜

いよいよ夏到来!淡路島にある海水浴場をご紹介します。 今回紹介する海水浴場は、波の穏やかなところが多く砂浜も綺麗で、小さなお子様連れのファミリーにも楽しんで頂けます。 今年の夏は淡路の海でバカンスを楽しんでみませんか。  ◆ 大浜海水浴場(当館よりシャトルバスにて約5分) 洲本温泉街の入り口にあり、グループホテル「夢海游 淡路島」の正面に位置する本格的な海水浴場。毎年行われている水質調査では連続で... 続きを見る

この記事の続きを読む

今年は63店舗参加!淡路島の生しらすプロジェクト

新鮮な淡路島の生しらすを堪能して頂くため始まった、「淡路島の生しらすプロジェクト」。2018年はなんと島内63店舗が参加!各店舗がそれぞれオリジナルの生しらす料理を提供して、淡路島の豊かな“食”の魅力を発信しています。  ■淡路島の生しらす しらすは本来傷みやすく、釜揚げや天日干しなどの処理をして保存することが多い食材。「淡路島の生しらすプロジェクト」はその常識を打ち破り、獲れたてのしらすが持つ驚... 続きを見る

この記事の続きを読む

大阪・深日港をつなぐ片道55分間の船旅で淡路島へ

昨年も好評だった洲本―深日港を結ぶ定期航路「深日洲本ライナー」が今年も始動します。期間は2018年7月1日(日)〜8ヶ月間の予定で、1日4往復。淡路島へのアクセスがとっても便利になります。  本州からは明石海峡を渡る船でのみ可能だった自転車での来島。期間中、大阪・深日港と洲本港がつながることで、サイクリングの方も一般のお客様も、大変便利にそしてリーズナブルに淡路島へお越し頂けます。  自動車やバス... 続きを見る

この記事の続きを読む

鱧のシーズン到来 〜本場の味を愉しむなら淡路島へ

旅先でその地その時期ならではの旬の食材・料理を愉しむのは旅の大きな醍醐味。淡路島の初夏から初秋にかけての食の主役のひとつと言えば、活発に動き回り栄養を蓄えるこの時期、身が太り脂ものってひときわ美味しさを増す、本場淡路島の鱧に相違ないでしょう。  白身で淡白ながらも上品な味わい深さ―。鱧はどんな料理法にも応えてくれる食の優等生です。  ● 鱧すき鍋 鱧が美味しくなるのと同じ時期に島内で収穫が始まる淡... 続きを見る

この記事の続きを読む

2018年6月20日(水)に新たなグループホテル“湊小宿 海の薫とAWAJISHIMA”が誕生します

いつも渚の荘 花季ならびにグループホテルをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 2018年6月20日(水)に淡路島の最南端地区、鳴門の渦潮観光で賑わう福良の町の中心から程よく離れた場所にグループホテル「湊小宿 海の薫とAWAJISHIMA(みなとこやど うみのかおりとあわじしま)」が誕生いたします。グループホテルとしては13番目、淡路島内では9番目となる“湊小宿 海の薫とAWAJISHIMA... 続きを見る

この記事の続きを読む

  • お電話でのご予約・お問合せはグループ電話予約センター0799-22-2521
  • お問い合わせはこちら
  • ご宿泊予約はこちら

Page Top